« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月の14件の記事

2008年7月30日 (水)

黒光由佳さん来訪

先日、元宝塚女優の黒光由佳さんがCDリリースのキャンペーンでporoco編集部を訪れてくれました。締切の都合上、誌面では紹介できなかったので、こちらで簡単にご報告させていただきますね。

黒光由佳さんは、室蘭市の出身。'92年から'03年まで、「夢輝のあ」として宝塚歌劇団の男役スターとして活躍。現在は主にヒーリング・ボーカリストとして活動されています。

リリースされたばかりのファーストアルバム「NOA」には、バラードからラテンまで様々なジャンルの楽曲を収録。低音から高音までを自在に操る彼女ならではの歌声を堪能できる一枚です。道内主要CDショップで取り扱っていますので、ぜひ手に取ってみてください。

54_1

そして、ご本人を目の前にして感じたのは、なんといっても立ち居振る舞いの美しさ。
背筋をピンとはって颯爽と歩く姿は、まさに“タカラジェンヌ”でした!

(編集AO)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月28日 (月)

タイ取材日記(4)

6月15日(日)

マラソン後、今回のプレスツアーで、北海道組はFMノースウェーブとポロコだったのだが、そこに前々日からタイ入りしていた本州のマスコミの方々と合流、ということでランチ。
川沿いの小さなテラスレストランで賑やかに食事。私たちの他はウォーキングからフルマラソンまで、いろんなレースで参加していたと知って大盛り上がり!
しかもタイ料理はなんでも美味しい! おまかせメニューだったらしく、メニュー名がわからないが、なんでも炒め物系が香草もきいてて最高。シンハービールが進む。しかも集まったマスコミの人たちのほとんどはビール好き、他の方は新鮮なフルーツを使ったジュースに大喜びだった。

53_1

おなじみカオパッ(KAO(米)PAD(焼く)=文字通り焼き飯)も、本場タイ米がパラパラッとしていて、添えられたキュウリの飾りもタイならではのカーヴィング。

53_2

ここで初めて現地でタイ料理屋さんでタイ料理を食べられて感激。

それからホテルに戻って、バンヤンツリーの取材。
自分の泊まった部屋だけでも腰が抜けそうなくらい驚いたのに、取材したのは最高級のヴィラ。
いや、ヴィラというより邸宅。しかもバトラー(執事)付き。

53_3

室内は主寝室とゲストルームもあり、居間にはワインセラーもあり、どこもかしこも豪華をうわまわる豪華。
そしてプライベートプールはジャグジー付、私の泊まった部屋の倍以上!

53_4

しかもプールの隣にはピンクのオーガンジーをほどこした、ムーディな東屋。ひょえ~!
カメラマンNさんがプールに入りながら撮影してくれる。

53_5

「ここはどんな人が泊まるんですか?」と思わず聞く。
「海外の富豪、アラブやロシアや韓国など、2週間以上滞在されます」とホテルの方がにっこり。
そして、私が泊まっていたあの部屋は、お手伝いさんが泊まるんだそうだ! ……富豪の妻でなくてもいい、お手伝いさんになりたい、とふと思ってしまった。

それからスパの撮影、ここでもナオミさんに撮影協力してもらい、フットスパをしてもらった。ウォーキング以上に取材で歩き回った足を少しの間ケア。(さすがにボディケアの方は、ホテルが用意してくれたモデルさんに背中をだしてもらいました)

53_6

こちらはセラピストを養成しているほど本格派のスパ。
名物メニューが「7時間スパ」! ナオミさんは次回ぜひ受けたい!と言っていた。気持ちのいいスパが7時間……どんな気分なんだろう、ぜひレポートしてほしい。

贅沢な時をロマンチックに過ごしたい方にはぜひぜひオススメのこのホテル。寝室の周囲がすべてプールという部屋はどうしても写真で撮れなかったけど、サイトでご覧ください。

Banyan Tree Phuket Resort & Spa(英語)

ビジネスで行くと残念なことこのうえないくらい、休暇で行くべき夢のようなリゾートホテルだった。

(編集長)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月26日 (土)

タイ取材日記(3)

6月15日(日)

「ラグーナ・プーケットマラソン」集合。
朝早いのに会場は多くの人でごったがえしている。それもそのはず、午前4時から受け付け開始、フルマラソン組は午前5時からスタートしている。私たちは6:55スタートだからまだ遅い方。フルマラソン、ハーフマラソン、10.5キロマラソン、そして私たちの5キロウォーキング、と順に行なわれる。

と、目の前にフード発見!

52_1

52_2

バナナだ! それに、おかゆや焼きそばもある! 全部食べ放題なんだって。それからコカコーラにお水も飲み放題。朝食抜きだったので、たまらず飲み食いしてしまう。途中でお腹が痛くならないかと一瞬心配したが、タイのおかゆの美味しいこと! ナンプラーや香草がきいてて、すっご~く美味しい。最高!

さて、5キロウォーキングに備えて、DJナオミさんはこれまでヨガで鍛えた170cmのスリムな体をさらに鍛え直し、前日もアルコールは1滴も飲まずに節制していた。

52_3

私は運動苦手、食いしん坊、お酒大好き、そして前日も目の前のビールに次々と……ああ、みっともない。しかしリアルなレポートのために、「あえて何もしないで挑戦」ということにした。

リタイアはしたくないなあと思いつつ、スタート!
勢いよく飛び出したたくさんのランナー……と思いきや、たちまちみんな「歩き」出した。
ほんとのウォーキング、ならぬ、デューク更家が見たら怒りそうなほど、たらたら~んとしたお散歩。
カップルで、犬を連れて、子供を連れて、みんなニコニコと歩いている。あれれ?

52_4 52_5

52_6 52_7

そういえば、タイ国政府観光庁のSさんが「このマラソンはタイムを競うというよりも、プーケットの美しい風景を楽しむものなんです」と言っていたのを思い出した。
青い空、白い雲、ヤシの木。そして、途中からはビバリーヒルズのような高級住宅地の中を歩いて行った。
そのうち森の中に入っていくと、小象を発見!カワイイ!

52_8

52_9

途中からは先にスタートしていた「マラソン」の方のランナーたちと合流、こちらは汗だくになって走っている。ほのぼののほほ~んと歩くウォーキングの人たちと一緒になっていく様子は見ていてよかった。
このマラソン、たとえば家族で参加して、一人がランナーとして走り、残りの家族がウォーキングして、最後に合流したら楽しいだろうなあ、とふと思った。

5㎞は楽しく「完走」(というにはお恥ずかしいが)した。
DJナオミさんはさっそくランナーたちにインタビュー、流暢な英語で次々とお仕事をしていた。

52_10

そしてFMノースウェーブの番組「Sabaai Sabaai!Thailand」と実況生中継。マラソンの模様をてきぱきと明るく伝えていた。

運動は苦手。走るの嫌い。“のろまな亀”の私でも「完走」のメダルがもらえてしまった。こんなに楽だったら、次の機会にはちょっとだけ走ろうかな、と思う。

52_11

ラグーナ・プーケット国際マラソン

(編集長)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月24日 (木)

タイ取材日記(2)

6月15日(日)

朝5時起床。
今日はプーケットマラソンの取材があるので朝早い。時差があるとはいえ、早起きはつらい。

さて、私の泊まった「バンヤンツリー・プーケット」
目が覚めて、居間を閉め切っていた大きな引き戸をガラッと開けると、そこには……
プーーーーーーーーーーーール!

51_1

プライベート・プールだよ、おいおい。思わずその場にへたりこむ。
「一人で出張に泊まるところじゃない……」

プールの向こうには屋根付きの東屋。その向こうにはテーブルと椅子。文字で書くのもままならないので、書きなぐりの図解を。絵は下手だけど、つまりはこんな“一軒家”のヴィラに一人で泊まったのである。

51_2_2

つまり、ベッドから飛び出し、バスローブをとって、居間を抜けると、そのまま水着がなくたってプールに飛び込めることが可能に!

さらに、洗面所は二つあり、その間には露天風呂が見える。

51_3

51_4

居間はおしゃれなアジアン雑貨と家具で仕上げられ、高い天井も気持ちいい。

51_5

この部屋でじーっくりくつろぐ、なんて暇はもちろんない。
プールには足すら付けなかった。
お仕事お仕事、眠い目をこすり身支度をして、プーケットマラソンの取材へと向かうのである……。

(編集長)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月23日 (水)

タイ取材日記(1)

小学生のころ、夏休みの最終日に泣きながら宿題をやってたひとはいませんか? それは私です。
あれから数十年、中身に何の進歩もないまま大人になり、先月のタイの取材日記を今頃まとめています。
発売中の8月号で掲載している「ポロコトラベル “微笑みの国”タイ」の取材日記です!
============

6月14日(土)

朝5時起床。
昨夜は会社から帰宅したのが夜10時30分。それからパッケージングして(苦手だ)寝たのが2時30分。
ほとんど寝ていないため、意識朦朧で空港バスに乗る。たちまち爆睡。

新千歳空港で、スタッフ集合。
今回のタイ国政府観光庁取材のプレスツアーで、北海道から行くメディアはFMノースウェーブとポロコのみ。
わずか4日間だけど合同取材する仲間、先に仲良くなりたい!という思いから、3日前に札幌のタイ料理屋で飲み明かした面々。
FMノースウェーブのAさん、DJナオミさん。それからカメラマンのN氏。「おひさしぶり!」と笑い合う。
チェックインの後、なぜだか猛烈におながかすいて、全日空のゲート内で梅おにぎりと豚汁を発見。お腹を満たして機上の人となる。たちまち爆睡。

全日空2152便 7:50発-9:25成田空港着
撮影用機材が多いため、チェックインも時間がかかる。バンコク行きのゲートは10:30集合!時間がない!海外保険に入り、出国審査を受け、トイレを済ませ、すべて駆け足。落ち着く間もなく、再び機上の人となる。

タイ航空641便 11:00-15:30バンコク着
たまっていた仕事、帰国後の仕事、家に残してきたこと、様々な心配が、離陸したとたんに、ぜ~んぶ忘れてしまう。私にとっては飛行機に乗った瞬間が海外旅行の始まりなのだ。

まずお楽しみはお飲物。タイのシンハービール、タイ航空ラベルという特別仕様!これは珍しい、しかも飲み放題♪

50_1

それから機内食。海老のクリーム煮がめちゃくちゃ美味しい~!
今度は白ワインでいただこうっと。

50_2

飲んでは寝て、食べては寝て、映画を見ては寝て。あっというまにバンコク到着。

バンコクは何度も行ったが「スワンナプーム国際空港」は新しく作られた空港で、今回が初めて。新しい空港らしいモダンな空間が広がる一方で、もわんと東南アジアの匂いが感じられてうれしい。
ここからトランジットでプーケットに行くため、3時間を空港内で過ごさなければいけない。空港のフードコートで、4人それぞれが好きな食べ物や飲み物を買ってプチ宴会に。
私はタイのビール「チャーン」の生ビールを発見! シンハーの半額という安さ。

50_3

生ビールを3杯飲んで、再び飛行機へ。

バンコク発 18:20-19:40 プーケット着
空港から「バンヤンツリー・プーケット」へ直行。ホテルのあたたかい歓迎を受け、タイ政府観光庁のSさんとご挨拶、明日以降の取材の説明を受けた後、打ち合わせ。そしてホテル内のレストランで晩ごはんを食べたのがようやく夜10時過ぎ。

スタッフ4人はそれぞれ独立したヴィラに案内された。
そこで私が見たものは、おしゃれな室内、そして色違いのガウンが用意されたダブルベッド。

50_4

「ハネムーンか!」と思いつつも、疲れた体を横たえてロマンチックなお部屋でまたまた爆睡……(もったいない

(編集長)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年の夏も…

みなさんこんにちは。
編集IMです。

大通のビアガーデンも始まり、すっかり夏本番! といった今日この頃。

夏といえばダイエット! が私の夏の定番でございます。

今年の過重の原因はズバリ!『夜食』です。

ある日の夜食。

49_1

またある日の夜食。。

49_2

またまたある日の夜食。。。

49_3

これだけのボリューム弁当を夜9時過ぎに食べていれば(しかもほぼ毎日)当然体重は増えるはずです。
(しかし夜7時半を過ぎると美味しいデパ地下弁当が格安でゲット!ついつい買い物に行っちゃいます。
ちなみに、写真は札幌三越さんのデパ地下弁当各種です。)

今までIMが試してきたダイエットを振り返ると…
1.全食事で炭水化物抜きダイエット
2.夕飯食べないダイエット(そのかわり朝昼しっかり)
3.夕飯青汁onlyダイエット
4.とにかく食べないダイエット
5.食べ物は制限せず、プールorウォーキングで消費ダイエット

うーん、なんとも極端なものばかり…
性格上単純明快なダイエット法しか持続できないトホホな脳みそでございます。

でもこれが結構効果的。
特に2と5を組み合わせると効果的でしたね。

ということで今年のダイエットテーマは!
『残業しても夜食を食べないぞダイエット』

そしてダイエットのお供はこちら

49_4

私の美のカリスマのDVDをきちんと観る
(観て実行…ではなく、きちんと観てダイエットテンションを上げる。
実行…はちょっと無理っぽいので…)

ということで同じくダイエットフリークの編集SHさんも道連れに(というそばから彼女は夜食を買いにあっさり裏切っていましたが)、編集部公認のもとダイエットに精をだそうと思います。

その模様はスタッフ・ブログの中で…

(編集IM)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月22日 (火)

大通公園ビヤガーデンもスタート!

こんにちは。
先ほど大通公園のビヤガーデンに行ってきました。
といってもお仕事です。

サントリーさんの「ザ・プレミアム・モルツガーデン」のレセプションで、今回のビヤガーデンで出される「ザ・プレミアム・モルツ」の生ビールや、「角」でつくられたハイボール、そして今年の特製フードメニューの説明をいただきました。

それから支社長さんの音頭で乾杯です。

48_1

サントリーさんの乾杯は、「スコール!スコール!スコール!」と3回ジョッキを掲げるのです。
冷たいビールが喉に流し込まれた瞬間、仕事を忘れて、「あ゛~ッ」とうなってしまう私。
この生ビール、サーバーから泡専用の注ぎ口があり、泡が美味しく飲めるように計算されているんだそうです。

フードの方も、毎年オシャレなひと皿ひと皿を考えられているので、「サーモンのクリームピッツア」とか「北あかりのたらこマヨオーブン焼き」など、なかなか凝ったものがいただけました。

さてこの1杯の美味しさを確かめてスマートに失礼するのが大人の行動、淑女のたしなみ、なのに、つい4杯も飲んでしまいました。
会社に戻って仕事をしなければいけないのが、つらいところでございます……(反省)

48_2

ところで本誌では、プレミアム・モルツの飲める美味しい店、「ケルンアネックス」も紹介しています。(68P参照、ポロコサービスカードも使えます)
これからの夏は、ビヤガーデンでも、お店でも、あちこちで美味しいビールを堪能してくださいね!

(編集長)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月18日 (金)

いよいよ発売!

いよいよ明日の19(土)、ポロコ8月号の発売となりました。

8月号の巻頭特集は、「夏に食べたいあのメニュー」。
夏ならではの美味しいメニューを紹介します。

☆夏季限定の〈野菜〉メニュー
☆焼肉やうなぎなど〈スタミナ〉美味メニュー
☆刺激倍増!〈辛旨&エスニック〉メニュー
☆クールダウンの〈ひんやり〉メニュー
この4つの夏メニューで、短い夏を楽しく、美味しく乗り切ってくださいね!

それから第二特集は昨日もちらっと書きましたが、
「こだわりビールの美味しいお店」。
地ビールやベルギービール、黒ビール・エールビール、
ビール会社4社を代表するプレミアムビール、といった
味にこだわったビールが飲める美味しいお店にご案内します。

また今回の「ポロコトラベル」は、
ノースウェーブとの合同取材で、実はタイに行ってきたんですよ!
プーケット、バンコクのレポートの写真満載です。

……というわけで、FMノースウェーブの番組
Sabaai Sabaai!Thailand」※7/20(日)10:00~OA分
に出演することになり、先ほど収録を終えてきました。

自分で出演なんていうのは緊張してしまい、何を話したのか全く覚えていません。
ピンボケぎみのスタジオを……

46_1

そして担当DJのカワイイ(目がクリクリ!)鹿島千穂さんを……

46_2

それから今回、一緒にタイで合同取材したナオミさんを……

46_3

あああ、手が震えてたのか、写真がボケててすいません!
ナオミさんは170㎝の長身、ロングヘアのスリムな美女なのですが、
今回の取材では彼女の写真集ができるくらい、きれいな写真がたくさん撮れていました。
誌面では残念ながら使用する写真が満載だったため、泣く泣く割愛したのですが……

それから自分でもスタッフブログ用に撮った写真がたくさんあります。
同行のカメラマンの素晴らしい写真を編集するのに精いっぱいで未整理のままでしたが、
来週から少しずつ「取材日記」としてアップしていきますね。
駄文&素人写真でお恥ずかしいですが、裏話ということで。

FMノースウェーブのみなさん、お世話になりました!

(編集長)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月17日 (木)

ビヤガーデンの前に

パークホテルで行われた「合同サッポロビール会」に行ってきました。
これは1908年に札幌の名士(当時はビールは高級品だった)が集まった会から続き、今年でなんと100年目のビールを愛する人たちの会なのです。
今や総勢600名になったこの会、北海道の各地域のビール会が一堂に会する様は圧巻!
しかも、いくつかのグループはお揃いの帽子をかぶっているのです。年配の男性たちがかぶっていて、なんかカワイイ!と思ってしまいました。

45_1

東京からサッポロビールの社長がお見えになりご挨拶、それから各ビール会の代表がずらーっと並んで乾杯の儀式。
これが、「マイシにかかれ!」「櫂を取れ!」と号令のかかるままにジョッキを上げて、右にまわし、左にまわし、グイーっと飲みほして、
「サラマンダーに進め!」との号令で空いたジョッキをテーブルに叩き鳴らすという豪快なもの。
こういう飲み方で100年続いてきたんですね~

つぎたての美味しいビールと枝豆を、ポロコ次号風に撮ってみました。

45_2

というのも、次号では巻頭特集に続き、ビール特集があるんですよ。
ビールの美味しい季節、月曜から大通公園ビヤガーデンが始まりますが、「とりあえず」じゃない美味しいビールの店をジャンル別に紹介しました。
ビールと言っても、味もいろいろ、色もいろいろ、その世界は広くて深い。そのほんのさわりを紹介できればと特集しました。

19日(土)発売です、おたのしみに、乾杯!

(編集長)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月15日 (火)

poroco7月号「円山特集」発売期間残りわずか!

 porocoスタッフ・ブログにご参加のみなさん、こんにちは~!

 6月20日に満を持して発売したporoco7月号も、とうとう発売から4週間弱が経ちました。おかげさまで多くの方々にご購入いただき、一部の書店では品薄になったとかならなかったとか…(というのも、弊社の販売担当さんが品切れしていないかどうか日々チェックするという、涙ぐましい努力を重ねているのです)。そんなわけで、編集部内では、うれしい悲鳴が随所であがっています。
 
 やはり今でも“円山ブランドは健在!”ということで、編集部一同、円山の引力には本当~に驚かされっぱなしです。

 実は、このporoco7月号の制作が始まったのは今から遡ること3ヵ月…。4月の中旬から企画会議を重ねに重ね、ロケハンに続くロケハンで、G.W.なんてずっと円山! 毎日円山!! 1日3回円山!!! ぐらいの勢いで、円山・山麓~市電界隈に通いっぱなしでした。
 
 通りを一条ずつ、1丁目ずつ歩いては「新しお店はないかな?」とか、「あのお店新メニューができたんだ!」とか新たな発見をしながらの探索が続きました。

 こっそり店頭に置かれているメニューをチェックしていると、厨房の窓からスタッフの方に不信そうに覗かれ(そりゃそうだ! どう見ても怪しかったもん)、「ヤバイ! ばれる!!(でも何に?)」と慌てて逃げ出したこともあったり、またあるときは3月に発売した「Cafe本」を片手にカフェめぐりをされている読者の方を見つけ、「あぁ~円山特集もこうやって皆さんに読んでもらえたらいいなぁ~」と元気づけられたこともありました。

 そんなこんなでロケハンも無事終了し、いざ取材がスタート!

43_1
<取材風景のヒトコマ>

 このように、毎回ステキな写真を撮ってくださるカメラマンさんと、取材先にお話を伺い、文章にまとめてくださるライターさんがお店にお邪魔しています。今回はカメラマンMさんとライターKさんのスムーズな進行で無事取材・撮影も終了!

 あまりに順調すぎ&私がうっかりしていたため、スタッフ・ブログにアップする写真を撮り忘れたことに気がつき、急遽取材の様子をムリヤリ再現してもらっています。ご協力いただきました「C」のKさん、ありがとうございました~。ちなみに、こちらはどこのお店でしょう?? ぜひ本誌でチェックしてみてくださいね~☆

43_2
<レッサーパンダのココちゃん>

43_3
<カンガルーさん>

 また、今回は「大人のための円山動物園」のご紹介もしていますよ!

 そして何よりも! poroco7月号では期間限定のporocoメニューも作っていただいているんです。コースから単品料理、はたまたスイーツまでどれも7月19日(土)まで限定メニューです!! 本当に今しか食べられないので、ぜひ食べ逃しなく~☆

 私も先週2軒ほど味わってきましたよ~! どれも本当に期間限定というのが惜しい。ぜひグランドメニューにしてほしい~と心から願いました。。。

 そして最後に、ブログは読みながらも実はまだporocoを買っていないというあなた! 今手に入れておかないときっと後悔します! 今回の円山特集は永久保存版ですよ~。ぜひ、お近くのコンビニまたはキヨスク、書店でお買い求めくださいね☆

(編集YM)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新作スープカレーの発表会

今日はパルコや丸井今井の地下でおなじみのレストラン、ヨシミの新作スープカレー(レトルトカレー)の発表会がありました。

新作は「きたやさい」といって、7種類の野菜・キノコをブイヨン仕立てで作ったポトフみたいなスープカレー。チキンコラーゲンも入っているそうです。
野菜やキノコが入っているレトルトはいいですね~ 勝山ヨシミさん自らよそっていただきました。

42_1

「ブイヨンにこだわってるから、フランスパンにも、シャンパンにも合うよ」と勧められて、いただいてみました。

42_2

来週発売するということで、一足先にパッケージを。
おしゃれです。1,080円で「hokkaido premium」とうたうだけのことはあります。

42_3

会場ではシャンパンがふるまわれ、商品のこだわりを語ったビデオが上映されるなど、贅沢な発表会でありました。

今度はシンガポールにも出店するそうです。あちらは本場のカレーになじんだ土地だと思いますが、現地の人に、メイドイン北海道のスープカレーの感想を聞きたいなあと思いました。

(編集長)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 7日 (月)

休みのことなど

皆さんこんにちは!

だいぶ夏らしい暑さになってきましたね~。
昨日は豊平川沿いをぶらぶら散歩していたのですが、焼けやすい体質のため思ったよりも焼けてしまい、今日は社内の人にも久々に会ったカメラマンさんにも「くろいね」と言われてしまいました…。

美白の時代になんて悲しい現実…。

やっぱり私くらい焼けやすい人は人一倍気をつけねばならぬのですね。

さてさて話はいきなり変わりますが、先月友人の友人の方にカラーセラピーを体験させていただきました!

なんとなく知ってる方は多いと思うのですが、実際にカラーセラピーをうけたことがある方ってどのくらいいるんでしょうか??
私も興味はあったのですがなかなか知らないところに一人で行く気にもなれずで縁遠かったんですね。

なのでこの機会を逃すまい、と友人2人と一緒に見てもらったのですが、なかなか「そうなんだ~」と思うことがたくさんありまして、みてもらえてよかった、と思いました。
素人目線で簡単に説明すると、何十種類(?)もあるカラーボトルの中から自分の気に入ったボトルを4つ選んでいき、その選んだ順番とボトルから、その人の本質や能力、現在と未来の状況などを教えてくれるというもの。その他にも名前や生年月日などからもっといろんなことを見てくれるのですが、今回はカラーボトルについてだけ感想を。

私が選んだボトルは2番目以外ピンクが入っているものが多くて、ピンクは「愛情」を表しているんだとか。なんだか女性らしい感じで嬉しいですね。

ただ2番目に選んだボトルが黄色と黄色だったんですが、「コツコツが苦手じゃありませんか?」と言われてギクーっとしました。私我慢強い、とは言われますがコツコツ練習、とかは昔からあまり得意ではないんですね。それも自分で自覚した上で、客観的に自分を見て落ち着いて行動するといいんだそうです。
難しいですが、そろそろ大人の女性として欠点も克服したいものですね。

他にもいろいろとアドバイスを頂きましたがそれは私だけのひ・み・つ☆と言うことで。(寒気がした方すみません)

診断してくれた齋藤 正恵さんはとても美人でいい方でした。

喫茶開化」さん
豊平区平岸3条9丁目10-1 第一恵信ビル2F TEL011-842-0770

で毎週金曜日、午後3時~午後9時(要予約)でセラピーを行っているそうなので興味のある方はぜひ。
8月いっぱいまではスペシャル料金で診断してもらえるそうですよ!

初めてネイルサロンに行ったときや噂の美味しいお店に初来店したときなど、初めての体験に心がわくわくする気持ちはいくつになっても変わらないものですね~。

今度はタロットとかもやってみたいな~、と思ったミーハーなYHでした。

(編集YH)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 4日 (金)

生キャラメル

昨日、グランドホテルとパークホテルの新しい社長さんとご挨拶する機会があり、帰りに生キャラメルをいただきました。

グランドホテルは客室にウェルカムドリンクならぬウェルカムスイーツを用意しているほど、スイーツに力を入れているホテルです。
この生キャラメルもホテルのパティシエによる、道産の生クリームと四国の和三盆を使った、塩味をちょっぴりきかせたバニラ味になっています。

40_1

会社に戻ってスタッフに1粒1粒あげて、ほんのひととき口福を味わいました。特にビル内の冷房が消えた後のオフィスで、冷蔵庫で冷やした一粒は、口の中でひんやり、ふわんと溶けて、もうちょっとがんばろう!と思ったのでした。

しかし生キャラメルのブームはなかなか衰えませんね~。
今や生キャラメルだからいいというのではなく、味、材料、パッケージ、ブランド、いろんなこだわりが求められます。

そういえば、キャラメル自体を食べたのは子供のころ。おまけほしさに買ってもらったり、サイコロの形のキャラメルとか、ナッツ入りとか、いろいろ思い出されます。

大人になって生キャラメルと出会ったけれど、食べた瞬間に幸福を感じるのは、懐かしい感覚も呼び覚ましてくれるからかもしれませんね。

(編集長)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 1日 (火)

「チベット体操」にハマってます♪

今日は、私が最近はまっている「チベット体操」について語らせていただきます♪

39_1

(自己紹介に続き、また自虐的(笑)ダイエットネタ…、スタッフ・ブログの中で、ダイエットネタは、わたくし「編集SH」の専売特許になりそうです…)

そもそも、私とチベット体操との出会いは、poroco6月号「美人の作り方」コーナーでの取材がきっかけ。
生まれてこのかた、飽きっぽくてなかなか1つのことを続けられない「真性三日坊主」だった私が、正真正銘三日以上真面目に取り組めているのが、この「チベット体操」。

6月号を未読の方がいらっしゃると思いますので、簡単に紹介しますと……。

ヨガのルーツにもなったといわれるチベット体操は、チャクラの回転を整える体操と言われています。
チャクラというのは、肉眼では見えない“体の中のエネルギーセンター”のことで、円錐状でくるくる回転しているのだそうです。
年齢とともに早くなったり遅くなったりして、この回転が狂ってくることが「老化」現象につながっていくと考えられています。

つまり、このチャクラの回転を整えることによって、どんなことが起こると言われているか。

アンチエイジング!です。

そして、たった数種類の形しかないのも特徴です。
(誌面では第五の体操までを紹介しましたが、本によっては第六の体操が紹介されているものもあります。でも、第六の体操というのは、チベットの僧侶が性欲を抑制するために行っていた体操で、厳しい禁欲生活を送らなくても良い我々現代人には、特に行う必要がない体操なのだとか……)

第一の体操から第五の体操まで順番通りに、
初めは3回から、大体1週間ごとに2回ずつ、最大21回まで増やしていきます。

と、細かな話は本やサイトに譲るとして、何が私をココまではまらせたかといいますと。
体重減少どころか、増加に歯止めが効かず、ダイエット効果としては(今のところ)あんまり……な状況ながら、本当に体の調子が良くなってきた(ような気がする)んです!!たとえば、朝すっきり起きれるとか、寝付きがいいとか、肌の調子がいいとか、微々たることではあるんですけれど。

それと、運動の種類が決まっていて、今日はこの症状にあわせてアレを…などとその日その日で悩む必要がないくらい単純明快な体操だったから続けられたということもあるかもしれません。
忙しい毎日の中では、頭を働かせずに習慣として行える運動じゃないとやっぱり続かないですよね。

はじめは、3回であっという間に終わっていた体操も、
今では11回行っていて(本当はもう21回やってるはずの週数を経ているのですが、なかなか今以上に回数をアップできないんです!!嗚呼、悲しき運動不足、体力不足!!)だいぶ運動らしくなってきました。

このまま地道に続けていけば、目に見える体型的変化も起こってくるんじゃないかなーという淡い期待を抱きながら、頑張っています。

もし皆さんの中に興味を持たれた方がいらっしゃいましたら、
6月号で紹介した「コンビネーションスクール美学」の「はじめてのチベット体操」を受講されてみても良いと思いますし、

とってもシンプルな体操なので、本を買って始めてみるのも良いかもしれません!
(あとは、インターネットにも詳しく情報が載ってます。)
チベットクラブのチベット体操

とにかく、オススメのチベット体操。
だまされたと思って、ぜひトライされてみてはいかがでしょうか??

(編集SH)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »